街コンはもう要らない最新の記事

赤外線予防の日焼け止めのSPFやPAとは

赤外線予防の日焼け止めといえば全身に使えて数値が高いものがいいな、程度のことしか考えないで購入している方もいらっしゃるのではないかと思います。ですがSPFやPAといった数値にはちゃんとした意味があるので、ただ高ければ良いというわけではないのです。

まずSPFは紫外線防御指数というもので、高ければ高いほど赤外線予防の日焼けを防いでくれるようですがその分お肌の乾燥を招いてしまうのだそうです。あまり外に出ないという人ならば高すぎない20、30あたりで十分なのかもしれません。

一方のPAと言うのは肌の老化を招く紫外線の波長のひとつであるUV-A波を防ぐ役割があるそうです。こちらも高ければ良いものですが、普段の生活ではそこまで高い数値のものを使用しなくても大丈夫なようですね。

自分の利用するシーンに合わせて賢く使い分けて肌に負担がかかり過ぎないようにしたいですね。

 

赤外線 日焼け止め

街コンはもう要らないについて


ルイボスティージョイコート希望ヶ丘べクノール