ふとしたご縁でミャンマーの人と話ができました

先日,隣県の山あいにある温泉旅館に行きました。
スタッフが温泉には珍しく若い人ばかりで接遇が抜群で新鮮でしたが,1人のミャンマー人の女性が夕・朝食のお世話をして下さいました。
それほど当日の宿泊客が多くなかったのでゆっくりと話しができたのですが,来日9年目で日本の大学を出てから就職したとの事で一時期母国で仕事をした事もいざあったそうですが,すぐに日本に戻りビザの期限の5年後まではとりあえず日本にいたいとの話でした。
日本語が堪能でほとんどの言葉が通じるので,とても楽しい会話ができました。
面白かったのはとにかくミャンマーは年中暑いため日本人みたいに勤勉に働かないという話で,暑い夏だけではなく四季折々の気候を味わえる日本は恵まれているなと再確認できました。
彼女の母親は母国で医者をしていて昼夜関係なく患者さんを見ているとの事で,医者志望だった娘に大変な仕事をさせたくないという思いで反対したそうです。
途上国では医療がまだ行き届かない状況が多いのでしょう。。
アジア最後のフロンティアともいわれるミャンマーはアメリカの経済制裁が解除されたばかりで,これからは日本とビジネスタッグを組む事も可能になったようです。
日本も貢献できる分野がまだ多くありそうで,友好関係を築いていければと感じた1日でした。http://www.intraligi.net/%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%82%B7%E3%83%B3%E3%82%B0_%E9%87%91%E5%88%A9%E3%81%8C%E5%AE%89%E3%81%84%E3%81%A8%E3%81%93%E3%82%8D%E3%81%AF%EF%BC%9F.php