蜃気楼と各種形の鏡について勉強した

蜃気楼などについて実践をしました。調中に温かい調と白々しい調が残る際、調の境界要素で灯の屈折が起き、蜃気楼が見掛けることがあります。刺々しい調の中央を直進講じる灯もあるので、実際の光景自身も見ることができます。次は、各種鏡について実践しました。鏡には、鏡(平面鏡)と曲がり角ミラー(凸面積)とパラボラアンテナ(凹面積)があります。鏡(平面鏡)は、像は鏡をはさんで対称の部位に見える。曲がり角ミラー(凸面積)は、広い範囲の灯が呼び込めるので、でかいを見ることができます。パラボラアンテナは、入ってきた灯はあるワンポイントに集まります。遠くからの灯や電波を集めて、悪いがはっきりとした像を得ることができます。地球には、1取り分ところ日光から度合い1c�uところ約8.2ジュール(1.96カロリー)の意気込みが降りそそいでいらっしゃる。このようなことを実践しましたが、知らないことがたくさんあったので、知れて良かったです。キレイモ 学割