要らなくなったメガネを置き忘れるのはもったいない

これまで使ってきたメガネのほとんどを投げ棄てずに保管していらっしゃる。大難まま必要になるかもしれないですし、ごとが大して違っていなければ輩に与えることもできるからだ。それにしても本数が多くなってきていてそれほど取り除けるんじゃないか、と憧れ始めてインターネットでメガネの下取りを調べたことがあります。
ところが、探した範囲ではそういうサービスを行っている組合はないようでした。これは実に惜しいな、とビジネス的な視点から思いました。フレームやレンズが粉々になってしまった、と言うならば仕方ないですがごとが合わなくなってきたり、レンズが曇って思えづらくなってきたというケースも多いと思うのです。それで捨ててしまう、というのは非常に惜しいと思います。初めて中古をしてまた売ったり、発達途上の国家に寄付がとれる方法などがないかなあと思っていて、しばし徐々に調べてみようと思っているところです。消費 者 金融 総量 規制